BINGOYA

COLUMN

Naoto Sawa

Naoto Sawa

ファッションコーディネーター/SUPERSHOP鳥取店

プロフィール

Sawaの惹かれるアウター

[ ]  the writer : SAWA




一月も4週目になりました。

ご挨拶遅くなりましたが

本年も” BINGOYA “を宜しくお願い申し上げます。

店頭は春に移行していきますが、山陰はまだまだ寒い日が続きます。

そこで今回はSAWAもかなり気になってます、

SpecialなOuterをご紹介します!

and wander×BARBOUR RIP JACKET

普段使いの中に必要な、日常の機能美を追求した東京発のアウトドアブランド「and wander」と「Barbour」のコラボレーション商品。

着用size 4

・カラー KHAKI

・展開サイズ 3(M相当)4(L相当)

・¥96,800(税込)

着用size 4

・カラー BLACK

・展開サイズ 3(M相当)4(L相当)

・¥96,800 (税込)

ジャケットも隠れるミドル丈、襟元のコーデュロイなど

人気モデル「BEAUFORT」の特徴は残しつつ、表地の機能素材、インサレーション、

リフレクタープリント、圧着されたポケットの仕様などで「and wander」のデザイン・機能美を表現。

リフレクターステッチや、リフレクタープリント、ファスナーの圧着などの安全性も備えたディティールを用いています。

極細繊維を用いた独特な光沢を持つ撥水リップストップ素材を表地に採用。

裏地にはポーラテック社が開発した保温性・通気性・軽量性に優れた素材「アルファダイレクト」を採用。

膨らみすぎないスッキリとしたシルエットで、

アウトドアはもちろんタウンユースとしても活躍する1着です♪

いかがでしたか!?

2色とも魅力的ですね。

う〜ん、悩ましい…

それでは今回はこの辺りで。

最後迄ご覧頂きありがとうございました。

ではまた次回。

やってきました、” ニット “の季節❄︎

[ ]  the writer : SAWA




初投稿!!

初めまして、SUPERSHOP 鳥取店の澤と申します。

新卒入社、今年で勤続年数5年目!

Men’s Tops&SNS(Instagram)も担当しています☺

ブログメンバー参加で緊張してますが…反面張り切ってますので..!

様々な商品情報や話題の物、コーディネート等…今から思いを巡らせてます⤴

こんな張り切りボーイのボクですがよろしくお願い致します!

 

前フリ長かったですがブログ1発目いっちゃいましょー!!

ンンッ…改めまして。

最近朝も冷えこみ、めっきり起きるのが辛くなってきましたSAWAです(笑)

先週は雪も降り、この所寒い日が続いていますね❄️

今年は数年ぶりにかなり雪が降るとか…☃️

寒がりのボクが気になるのは”ニットウェア “

冬と言えば…そうニットですよね!!

今年はどんなニットにしようか、、

そこで今回ご紹介させて頂くニットはこちら!

BINGOYA 7Gケーブル C/N ニット

カラー/ WHITE 、BEIGE、GREEN、BROWN、NAVY、BLACK

サイズ/ M、L、XL

素材/アクリル100%

価格/¥3,500(税抜)

BINGOYA 7Gタートルネックニット

カラー/WHITE、BEIGE、GREEN、NAVY、BLACK

サイズ/M、L、XL

素材/アクリル100%

価格/¥3,500(税抜)

このシリーズお馴染み!?の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

素材感、カラーバリエーションも魅力ですが何と言って

もコスパ高い❗️

そしてアクリルセーターのメリットは

・洗濯機で洗える ・ハンガーで干しても型崩れしにくい

そして乾きも早い✨

*着用画像

身長170cm 着用size XL、color BEIGE

 

個人的にオススメのカラーは

近年人気の BEIGEです!!

・勿論キレイめに着るのも良いです が、SAWA個人的には “Barbour”など土臭いアイテムに合わせ で着るのも◎

*着用画像 

身長170cm 着用size XL、color NAVY

 

タートルネックはNAVYをチョイス!もう最高としか言えません…

こちらもキレイめに大人っぽ く又はナイロンアウターを合わせても◎

コーディネートがシンプルになりすぎるって時はチェックシャツなどレイヤードすると収まり良いのでオススメです!!

レイヤードや色合わせを工夫する事で着こなしの幅も広がり、ファッションが楽しくなること間違いなしです!

この季節ギフトにもオススメです◎

最後迄ご覧頂きありがとうございました♪

BINGOYAのスタッフによるコラム

↑ このページのTOPへ