web store BINGOYA

旅するStyle diary │ 番外編!黄金に輝くススキを求めて砥峰高原へ

山陰のあらゆるところを飛び回り、ゲリラ撮影をして勝手に地元をオススメしちゃう、
web store BINGOYAの企画「旅するスタイルダイアリー」。

本日のロケーションは‥
前回に引き続き番外編!鳥取市から車で約2時間、お隣兵庫県神河町にある「砥峰(とのみね)高原」へ。西日本で有数の約90haに及ぶススキの草原が広がる高原です。
数々の映画のロケ地にもなり、秋には黄金のススキ草原が見られると言われてインスタグラマーにも人気だとか…!?どうぞご覧ください!

旅するStyle diary │ 番外編!黄金に輝くススキを求めて砥峰高原へ旅するStyle diary │ 番外編!黄金に輝くススキを求めて砥峰高原へ

鳥取から砥峰高原への寄り道スポット
国道29号を使って鳥取から兵庫に入ると最初にある道の駅が近畿道の駅第1号「はが」。中には売店とお食事処「楓の里」があります。売店ではオススメ商品として「揚げかきもち」が。
砥峰高原へたどり着くまでは細い道で要注意ですが、森林や滝を見ることができます。マイナスイオンに癒される事間違いなし!

旅するStyle diary │ 番外編!黄金に輝くススキを求めて砥峰高原へ旅するStyle diary │ 番外編!黄金に輝くススキを求めて砥峰高原へ

旅するStyle diary │ 番外編!黄金に輝くススキを求めて砥峰高原へ旅するStyle diary │ 番外編!黄金に輝くススキを求めて砥峰高原へ

砥峰(とのみね)高原
西日本で有数の約90haに及ぶススキの草原が広がる高原です。周回コースは2時間かからない位の約3キロコース。シーズン中という事もあり、沢山のお客様がハイキングを楽しんでいました。

旅するStyle diary │ 番外編!黄金に輝くススキを求めて砥峰高原へ旅するStyle diary │ 砥峰高原

旅するStyle diary │ 砥峰高原

平家そば処 交流庵
とのみね自然交流館に隣接する「平家そば処交流庵」で絶景を見ながらの手打ちそばランチは格別!!…なはずが、撮影後14時すぎにお店に入るとそばは全て売り切れ…皆さん、お昼は先に済ませましょう(涙)

お店の中には、映画「信長協奏曲」の小栗旬、映画「ノルウェイの森」の松山ケンイチ、菊池凛子、霧島れいか…等々、豪華俳優陣のサインと写真が!

旅するStyle diary │ 砥峰高原

炭焼きだんご
砥峰高原の入り口付近にある団子屋さん。炭焼きだんごは秋の砥峰高原の限定品だとか。炭焼きみたらし団子、美味〜♥
「ちょうど夕方に太陽の光が射すと綺麗な黄金色のススキが見らますよ!」と団子屋さんが教えてくれました。珈琲も美味しかったです!ごちそうさまでした!!

旅するStyle diary │ 番外編!黄金に輝くススキを求めて砥峰高原へ旅するStyle diary │ 番外編!黄金に輝くススキを求めて砥峰高原へ旅するStyle diary │ 番外編!黄金に輝くススキを求めて砥峰高原へ


旅するStyle diary │ 国道53号線

国道53号線
砥峰高原から鳥取市への帰り道。自動販売機と電話BOXを見つけて…なんでもない場所で撮影開始。ストリート風を気取ってみました(笑)

旅するStyle diary │ 国道53号線旅するStyle diary │ 国道53号線旅するStyle diary │ 国道53号線旅するStyle diary │ 国道53号線旅するStyle diary │ 国道53号線


撮影中、突然始まる恒例の(?)サックユー寸劇場
久々に復活しました。サックユー寸劇場。今回は最近なかなか見かけない、懐かしの電話ボックスでやらかしました。とはいえこれはカメラマンの悪ふざけ…物語はフィクションです。実際の人物や団体とは一切関係ございません。(いや…少しだけフィクションだw)

兵庫県・砥峰(とのみね)高原/編集後記
今回の旅するStyle diary、通称「旅スタ」のロケ、前回に引き続き、またもや番外編!鳥取から車で約2時間のところにある、兵庫県の神河町へ。インスタグラマー達にも写真スポットとして有名なようで、撮影中は私達を見てハイキング中の方々が「撮影隊だなぁ」と呼んでいました。どうやら撮影隊が沢山来ているようです(笑)。
撮影地といえば、ここは数々の映画のロケ地としても有名。砥峰高原入り口目の前にあるお蕎麦屋さんでは小栗旬さんや松山ケンイチさんのサインを拝ませていただきました(会いたい…♥)これから先は雪景色になるでしょうが、雪の積もった砥峰高原の景色も圧巻だそうで、映画「ノルウェイの森」のワンシーンを体感できる事間違いなしです。近くに来られる方は是非!
動画も撮影したので、公開をどうぞご期待ください。皆様からのコメントや感想、お待ちしております!!

↑ このページのTOPへ