OPENでいこう!

[ ]  the writer : KAGEYAMA




皆さまこんにちは!

 

中々明るいニュースも少ない昨今、

気分だけはオープンに行きたい、

逆にオープンに行けば気分は上がる!!

そんな思いで日々過ごしている

松江店 “KAGEYAMA” です。

 

そこで今回はオープンなアイツ…!?

そう、“オープンカラーシャツ”

を、ボク目線で3つ

ご紹介したいと思います!✨

 

“オープンカラーシャツ”

とは…

通常こんなカタチの襟をしているシャツのことで、

一般的なシャツとオープンカラーシャツを比べますと、台襟と呼ばれるバンド部分があるか、ないか…

そして、前立てと呼ばれる前ボタン部分に付けられる帯状のパーツの有る無し

この様にオープンカラーシャツは、台襟や前立て無く、そのまま襟がついているので見た目にもそうですが、全体にとてもシンプルで軽やかな印象になります。

別名、開襟シャツとも言います。

サクッとオープンカラーについてお話し致しましたので、今回ピックアップした商品をご紹介します。

 

Recommend No.1

“Dickies”

オープンカラーワークシャツ

14772900

¥5,500 (tax-in)

Size M.L.XL

人気再燃中!のDickies

サイズ表記とは裏腹に、

どうだ!と言わんばかりのWIDEな身幅は、とても今年らしいシルエットです。

そして、両ポケットに付いたワークライクなフラップが萌えポイントです!

同じ素材のショーツも展開していますので、セットアップも出来ますよ!✨

 

Recommend No.2

“Sun Surf”

Rayon Hawaiian Shirt

SS38565

¥11,880 (tax-in)

Size M.L

オープンカラーと言って真っ先に思い浮かべるのは、やはりコレでしょう。

Rayon 100%ならではの、触った時のひんやり感、テロっとした撓やかさはたまりません!✨

日系移民がハワイへ渡り、現地で着物をシャツに仕立て直したことが、Hawaiian Shirtの始まりらしいです。

後にハワイ独自の柄に発展し、ハワイの代表的なお土産としてアメリカ本土に渡っていったと言われています。

そして今やHawaiian Shirt のブランドで世界一と言われるのが今回ご紹介しました

東洋エンタープライズのSun Surf”

になります。

Hawaiian Shirtのrootsに日本が関係あるなんて、親近感湧きますね!✨

コレが一枚持つと、クセになる不思議な魅力が有るんです(笑)

 

Recommend No.3

“BEN DAVIS”

Half Zip Shirt

BDUS-7100

¥7,150 (tax-in)

BDUS-7100S (2TONE)

¥8,250 (tax-in)

Size L.XL

BEN DAVISの代表モデル、

HALF ZIP SHIRT

MADE IN U.S.A

65%ポリエステル35%コットンの素材感が、タフさを物語っています。

そして…

ZIPを少し下げると…

おや?

立派なオープンカラーになるではありませんか!✨

90年代もすこぶる流行りましたが、

近年スケーターからも支持され人気復活しています。

ボックスシルエットが今の気分にマッチしてます。✨

 

ボク目線で3つご紹介しましたが、

いかがでしたでしょうか?

あっ!もう一つ忘れてました(^^;;

オープンカラーシャツは基本タックアウト(パンツの中に入れず出し)して着るので

裾はフラット(真っ直ぐに)カットされてます。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます!

それでは、この辺りで!✨

松江店公式Instagramで、この他にもホットなアイテムを毎日更新していますので、ぜひチェックしてみてください。

BINGOYA SUPER SHOP 松江店公式Instagram

9805rn公式Instagram