BINGOYA

BINGOYA BLOG

[TAG] 珈琲

WORKSHOP FESTIVALを終えて〜陶芸×COFFEE〜

[ ]  the writer : WSN

こんにちは、wsnです。
随分と寒くなってきましたね。

本日は少し前の出来事になってしまうのですが、
バイヤーDよりご指名ありまして、
10月の中旬にSUPERSHOP鳥取店で行った、WORKSHOP FESTIVALについてのレポートを書かせていただきます。

 

BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL

 

随分と恒例化してきたSUPERSHOP鳥取店でのPOP-UP SHOP。
第3回目のPOP-UP SHOPはWORKSHOP FESTIVAL

ゲストには、鳥取珈琲館田中 治さんと、
BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL

 

鳥取因幡焼三木 健太郎さん。
BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL

お2人をゲストに、珈琲×陶芸の2大ワークショップを行いました!!

そしてBINGOYA CAFEでは…
初のオリジナル珈琲をドリップ!!
鳥取珈琲館×BINGOYAコラボで、オリジナルの豆を販売する事となったのです。
BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL
SUPERSHOP鳥取店でも、web store BINGOYAでも販売しています。
売り切れ間近、是非飲んでみてください!
COSTA RICA(深煎り/やや浅煎り)
ETHIOPIA(やや浅煎り/カフェインレスコーヒー)

 

それでは、WORKSHOP FESTIVALの様子を写真にて御覧ください。

BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL
BINGOYA CAFFEのスタッフ達

 

BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL
BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL
今回もドリップ珈琲を販売!鳥取珈琲館の田中さんにも飲んでいただきました。(プロに飲んで貰うのは、めちゃくちゃ緊張しました)

 

BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL

BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL
BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL
チュロスも販売!大人はもちろん、子供達にも大人気でした。

 

BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL
ワークショップの様子です。左が陶芸教室、右が珈琲教室。

 

wsnも個人的に鳥取珈琲館さんの珈琲教室を
体験させていただきました。
BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL
BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL
BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL
ドリップの入れ方も直接教えていただきました。
wsnが今までやってきたドリップも間違っていなかったようで、BINGOYA珈琲部の部長(勝手にw)としてはホッと一安心…(笑)

面白かったのが、
「珈琲の美味しさは、ドリップの良し悪しで決まるんですか?」と聞いた所、

『珈琲の美味しさは、
入れ方よりも豆で美味しさの7割が決まります!』

と事。

美味しい珈琲を飲むなら、まずは美味しい豆を選ぶ事が大事なんですね。
(つまり、信頼できる目利きをもった鳥取珈琲館さんなら間違いない!って事です)
BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL

カッピングも体験!

カッピングとは、プロがコーヒー豆の味や香りを鑑定するときの手法の事です。
コーヒーの甘味や酸味、苦味、あとに続く余韻などといった味や香り、 品質の良し悪しを総合的に判断する技なのでございます。

BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL
小さな器に挽いた珈琲豆を入れ、直接お湯を注ぎます。
それをスプーンでかき混ぜて、少し時間がたったら上に浮いた粉をスプーンですくって取り除きます。そしてここからテイスティング開始。

BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL
これが、プロのカッピングです!!

BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL
カッピングは、珈琲をズズズッと口の中に入れて味わったら、飲まずに自分のカップへ吐き出します。(飲んでもいいそうですが、お腹いっぱいになっちゃいますもんね)
そして、プロも使っているという本物のテイスティングシートに、香り、味…などなど書き込みます。

なんとなく香りと「ノンカフェイン」だけは判断できました…(汗)
いやぁ、本当に面白い体験!ますます珈琲が好きになりました。

 

ワークショップを終えて店場に戻ると、
店頭スタッフがお昼休みにチュロスと珈琲を買いに来てくれました。

BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL
美味しそうにチュロスを頬張る、鳥取店スタッフNOZAKIさん♪
なんかいろんな人に指刺されていますが…

 

あれ…?NOZAKIさん、その服は…
チュロスの粉

 

 

なんじゃこりゃあ

 

なんじゃこりゃぁああああ…!!

 

…というわけで、チュロスを頬張る時は粉にご注意ください(笑)
NOZAKIさん、勝手に載せてごめんなさいm(_ _)m)

 

 

 

BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL
そして最後に、記念撮影を、パチリ!
今回のPOP-UP SHOPのゲストとしてご協力いただいた田中さん、三木さん、誠にありがとうございました!!

 

BINGOYA WORKSHOP FESTIVAL
このてるてる坊主君にも感謝…!!
毎回イベント時は雨予報なのに、このてるてる坊主を吊るすとことごとく晴れてくれるのです。
まるで力付きたかのようにイベント終了後は大雨でした。

 

それでは、また次回のPOP-UP SHOPをお楽しみに!
皆様にまたお会いできるのを楽しみにしております。

珈琲好きにオススメ、エアロプレス(AeroPress)

[ ]  the writer : WSN

こんにちは、wsnです。
いきなりですが珈琲はお好きですか?

ご存知かもしれませんが、
BINGOYAのある鳥取市は「全国コーヒー消費量ランキング(※1)」で2位!
珈琲好きの集まる市なのであります。
(スターバックスが来なくたって気にしないよ。ちっとも気にならないよ!)

そんな珈琲好きの一人wsnが
本日は新しく手に入れたAeroPress(エアロプレス)というコーヒーメーカーをご紹介!

エアロプレスコーヒーメーカー

なんだかでかい注射器のようにも見えますが、
フレンチプレスのような手軽に使える「コーヒー抽出器具」なのです。

それでは簡単に使い方を…。

コーヒー豆はお好みで挽いてください。(今回はカフェオレにしたかったので細かい極細挽にしました)
コーヒー豆

 

蓋にフィルターをセットします。
エアロプレスマシーン
エアロプレスマシーン

 

あらかじめセットしておいたエアロプレスマシーンを逆さにします。
(正規の説明書だと逆さにしないのですが、初心者の私ではプレスする前にコーヒーがポタポタ抽出されてしまうのでこのやり方をご紹介しています)
エアロプレスマシーン

 

挽きたてのコーヒー豆を挿入。
エアロプレスマシーン

 

沸かしたお湯は85℃〜95℃位に。(深煎りの豆は80℃がオススメ)
エアロプレスマシーン
エアロプレスマシーン

 

分量のお湯を入れたら、パドルで10秒ほどかき混ぜます。
エアロプレスマシーン
エアロプレスマシーン

 

湯通ししておいたフィルター&蓋をセット!
(フィルターの臭みをけすためです)
エアロプレスマシーン
エアロプレスマシーン

 

コーヒーカップをセットして逆さ(本来の位置)に!
エアロプレスマシーン

 

ぐぐぐ〜〜っと同じ圧力を保ちながら20〜30秒かけてプレスします。
エアロプレスマシーン

 

完了…!!
エアロプレスマシーン

 

お片づけは簡単、蓋を外して最後まで粉とフィルターを押し出します。
そのままゴミ箱へポンっ。
エアロプレスマシーン
エアロプレスマシーン

 

いかがでしたでしょうか?
私が感動したのは、抽出時間がめちゃくちゃ早い!
そして片付けがとっても簡単というところなのです。
そして、もちろん…珈琲が上手い!!

珈琲の成分を余すことなく抽出するというエアロプレス(AeroPress)、
是非お試しください♪

 

そしてお知らせです(笑)
来週の週末は、SUPERSHOP 鳥取店で初のPOP-UP SHOPをオープン(2日間限定)します。

その際Coffee Standも初オープン!!

BINGOYA Coffee Stand
BINGOYA Coffee Stand
元珈琲部所属(※2)のwsnも、Coffee Standに立たせていただきます!!
Coffee Standではハンドドリップのみのご提供ですが、ご要望あらばAeroPressでもご提供いたします。是非お声がけください。

珈琲だけでなく、手作り葡萄ジャムをつかったジュースやミントアップルソーダなども販売します。
BINGOYA Coffee Stand
BINGOYA Coffee Stand

来週末は、SUPERSHOP 鳥取店にて、皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

 

– – – – – – –
(※1)コーヒー消費量ランキング
家計調査(二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(平成23年(2011年)~25年(2013年)平均)

(※2)珈琲部
前職場にて、師匠に教わりながら毎日夕方に仕事を20分ほど抜けだしてネルドリップでコーヒーを淹れるという贅沢な部活。どうでもいい情報を注釈してすみません(・・;)

BINGOYAのスタッフによる「BINGOYA Blog」

↑ このページのTOPへ